So-net無料ブログ作成
ブログ ブログトップ

引きこもり脱出!痩せるぞ! [ブログ]

このブログを書き始めて2ヶ月半が経ちました。

だんなに「ぐでたま」と呼ばれたことをきっかけに
生活改善をしていこうということで
まずは日記を書くことで意識を高めようかと
はじめたブログでした。

このブログを始めたときは、身内のお葬式のあとで
心身共に疲れていました。

ブログは始めたものの、小さなことしかできなくて。

お花を飾ったり、
料理の写真を撮ってみたり
健康番組をチェックしてみたり…だけ。


私は本当に引きこもりで、
この2ヶ月半で旦那以外の人に関わったのは
実際に会ったのは義実家関係のお見舞いと法事のみ。
話したのは故郷の友達と電話で2回のみ。

外出は、だんなが休日に写真撮影に行くときに便乗ドライブ。
前は私もカメラを持っていたんですけど最近は
写真を撮る意欲もなくしてしまっていました。

買い物は生協の個人配達とドライブの帰りにすませるし…
自分ひとりでは月一で銀行などの用事に出るくらいでした。
美容院も近くにないのでだんなに送ってもらうんです。



いまやっと体調も回復してきて、同時に焦りもピークに。
そろそろ本気で生活改善に取り組まなきゃと。

今、なんとかしないといけないことは
体重を落とすことと、収入を得ることです。

私は結婚して仕事をやめてから在宅ワークというか自営業をしています。
だんなの扶養から抜けるのを目標にしていたのですが
今年になってそれどころか収入がどんどん減ってきまして
このままでは廃業して外に働きに出なくちゃならなくて
でもいまさら外に出る勇気もなく通勤する足もなく
もちろん仕事なんて見つかる気がしません。

自営業を起動に乗せるのがもちろん第一ですが
また外で働けるようリハビリもしなくちゃと思っています。

だからまずは健康的な生活をして痩せることかなと。
いろいろと、自信を取り戻さないと…


私は毎朝5:30に起きて、だんなの朝食を作ってますが
それから二度寝しちゃったりしています。

旦那と一緒にごはんを食べたり、水やコーヒーを飲んだりすると
だんなとトイレを使うタイミングがかぶっちゃうし
(だんなのリズム優先・長いし)
朝から一緒にテレビを見るのもだるいので
ついつい寝室に戻って、ねこあつめして、ゴロゴロしていたんですね…

7時頃だんなを見送るために起きて、いってらっしゃーいと。

それからだらだら家事をはじめてだらだら仕事して
どこにも出かけずもう夕方…というだらしない過ごし方。


それで、今日からは、だんなが朝ごはんを食べてる間に
私はお化粧をしてしまうことにしました。

今までは、せいぜい眉毛を書くだけだったんですけど
これからはいつでも出掛けられるように
顔も髪も、朝からちゃんとします。

それから布団を上げて家事に突入。
だんなを見送ってから、コーヒーを飲む。
体操やスクワットをして、仕事にとりかかる。

午前中に必ずどこかへ出かける。
ウォーキングとかそこまで「運動」じゃなくても
買い物とか散歩とか、とにかく、外に出ること。

体操・スクワット、毎日外出、
休日はだんなの写真撮影に付き合って
荷物(カメラリュック)を持って歩く。

まずはそんなふうに外に出るだけでも
いくらか痩せるんじゃないかなと思っています。

毎週、月曜日に体重測定をして、ブログで報告したいと思います。


この機会に、ブログのタイトルを
「13号主婦のいまさらカリスマ?」から
「13号主婦のぐでたま脱出ブログ」に変更します。

9号主婦になって、だんなの扶養を抜けるぞー!

これからも応援して下さい☆

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサーリンク


コメント(0) 

今日からブログ書く(「明日から本気出す」の進化系) [ブログ]

今日からブログ書く。

と、宣言しました私「ゆうこ」です。
40代なかばの主婦です。


この前、だんなに「ぐでたま」と呼ばれました。


ぐでたま?


朝、出勤して会社で見るニュース番組で
「ぐでたま」というキャラクターがいて
それが私のことを思い出させるんだそうです。


とにかく、朝テレビを見てみろと言われました。

…見ました。

なんか、たまごのキャラクターがぐでぐでしていました。


「セリフがゆうこそっくりなんだよ」

と紹介されたのが

 ・明日から本気だす

 ・立ったらだるい~

こんな感じのセリフで、

確かに私そっくりやん。と思いました。


かろうじて30代で結婚できたことに安心して
ぐだぐだしていたことを反省せざるを得なくなりました。

だんなに逃げられたらたまりません。


少し生活を改めてみようかなと思って
まずは日記でも書くかと思い立ったわけです。


なんの参考にもなりませんブログですが
よろしくお願いいたします。


スポンサーリンク


コメント(0) 
ブログ ブログトップ